表彰事例 |白馬国際トレイルラン実行委員会様

スポーツ・マラソン大会表彰事例

スポーツ・マラソン大会表彰事例 : トロフィー & ノベルティー ◆ 白馬国際トレイルラン実行委員会様 ◆
今回は白馬で毎年開催されている「白馬国際トレイルラン」に参加させていただきました。
みなさんはトレイルランとはご存知でしょうか?詳しくはこちら→白馬国際トレイルラン
今年のカラーは「ライトブルー」と言うことで全体をライトブルーで統一し、一体感のある表彰記念品の製作を行いました。
優勝者のトロフィーはもちろん、完走賞のオリジナルタオルや、参加賞のカウベルキーホルダーなど幅広く製作させていただきました。

白馬国際トレイルラン

① 前夜祭~説明 全国から集まったトレイルランナーのみなさま、ようこそ白馬へ!
白馬村の中学生、高校生、ボランティアのみなさまでホスピタリティー溢れるお出迎え。
日本のトレイルラン第一人者鏑木 毅 さん等有名ランナーも多く駆け付けてくれました。

② 受付 各コースに合わせてそれぞれのブースで受付開始です。
今年はロング・ミドル・ショート・トライアル&ファミリーコースの4コースを開設。
ロングコースは何と全長50㎞?!えっ、フルマラソンより長いの??

③ 緊張のスタート! 開会式の後いよいよスタートです。
スターターには白馬出身の上村愛子さんが登場!
各自思い思いのペースでゴールすることを目標にスタートしました。
こつは「とにかく楽しむ!!」だそうです。

④ こんな山道も走っちゃう?! もちろん白馬と言えばオリンピックも開催された冬のスキーで有名な土地。
でも夏の景色も最高ですね!
ゴールを急ぐ人もいれば、仲間で景色を楽しみながらゆっくりゴールを目指す人もいてなんか楽しそう。

⑤ 街とのふれあい 白馬トレイルランは地域のみんさんも楽しみにしている年中行事の1つ。
他県から来てくれたランナーさんたちに暖かいエールが飛び交います。
今年は中学生・高校生など若い方たちのボランティアが特に頑張ってくれたようです。

⑥ 感動のゴーーーーール!! きれいな景色、街の人々との触れ合いの中感動のゴールです。
みなさん達成感で最高の笑顔をしています。
途中のつらい坂道も素敵な景色の一つに変わっちゃいますね。

⑦ 表彰式(最年少第1位) こちらは最年少で第1位になった7歳の子の表彰シーンです。
みんなの前で人生初の表彰台に上がって少し照れくさそう。
最高の想い出になりました。

⑧ 表彰式 こちらは男子の部。
みんなの前で表彰台上がるのは最高に気持ちいいですね。
トロフィーや表彰状、副賞などが手渡されました。
白馬トレイルランは賞品が豪華ですね。

⑨ 表彰式 こちらは女子の部の表彰式。
女性でも山道を走り切っちゃうんですね。。。私は平地でも自信が。。。
白馬トレイルランは女子の方の参加がとても多いです。
会場には子供を預けられる保育施設やマッサージブースも完備!

⑩ トロフィー・メダル & 各種ノベルティー トロフィーやメダルの表彰記念品はもちろん、参加賞もご依頼をいただきました。
今年のカラーは「青」と言うことでデザインから製作まで統一感のある仕上がりとなっています。
完走者には全員クリアファイルに表彰状を入れて配布しました。
オリジナルカラーで作ったカウベルと、生地から作ったジャガード織りのタオルは大人気でした。

弊社担当者からのコメント

今回は白馬国際トレイルランのトロフィー&参加賞と言うことでご依頼をいただきました。
トロフィーは白馬の山をイメージした山型のクリスタルトロフィーでイメージにピッタリの物を製作しました。
トレイルランは山の中を走るので熊が出てくることがあるそうです。(本当に出た?)
そのためランナー達はカウベルと言うベルを身に着けて走ることで熊除けになるようです。
生地から作ったジャガード織りタオルは40cm×120cmのスポーツタオルタイプ。
ベースを白と水色の糸で織り、アクセントとしてヘムの部分を濃紺にしました。
今トレイルラン人口は急激に増えていて白馬はその先駆け的な存在。今後ますます白馬から目が離せませんね。

ページの先頭へ